上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふりかえればキイロ

たんぽぽとハチ

(K-5/TAMRON SP AF 28-75mm 75mm 1/1000 F2.8 ISO400 Avモード)




ベンチと黄色い花

(K-5/TAMRON SP AF 28-75mm 75mm 1/500 F2.8 ISO100 Avモード)




たんぽぽと小さな森

(K-5/TAMRON SP AF 28-75mm 63mm 1/640 F2.8 ISO100 Avモード)すべて細木公園



最近、やたらと黄色い花が目立つ。
けどタンポポ以外名前知らないってのが悲しい



「お前ってフツーの写真撮れないの?」とある人に言われたから
自分なりに普通っぽくしてみたけど、どうなんだろ・・・?

迷走しまくるボク (T_T)



 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私はブログを見てもらえば分かると思いますが
フツーの写真が好きです。
ですから今回のようなフツーの写真のほうが個人的にはいいなと思ってます。
1枚目のようなボケも良いんじゃないでしょうか。

画像もソフトでいじらないで、そうゆうふうな画になるように絞りやシャッタースピード、
天候を変えて頑張って撮ってみる方が上達するような気がします。
私としてはRAWもいらないと思っているので、JPEGで撮ってます。

No title

なるほど。
写真を、特にデジタルの場合、どこまでの加工を良しとするか
人それぞれで全然違いますもんね。
極端なこと言えば合成すら含めデジタルグラフィックとして
成立させている方も居ますもの。
ゆるポタさんの考え方が写真技術を磨くには最も近道なのかもしれません。
それは正解だと思いますし、否定するつもりは全くありません。

ただ私の考え方は微妙に違っていて、「写真に関連するすべて」に対し
とことん上達したいと思っているので、加工も技術。
やり尽くさなければ否定も肯定も出来ないと、考えたりしてます。
「一周してこなければ分からない世界があるのかな?」という感じで。

被写体を近所だけに絞っているのも、別に近所が好きなわけでもなく
もっと簡単にカタチになるものを撮れば良い気もしますが
なるべく被写体に頼らずそこでなんとか絵にする。
それが「発見力」と「構図力」と「センス表現力(調整も含む)」を
鍛えることになるのかなと思ってまして・・・

ゆるポタさんはもちろん上手い方ですし、参考&勉強になる部分ばかり。
そしてリンクさせて頂いた他の方も自分からするとそのような存在です。
(正直リンク貼るだけで恥ずかしいぐらい^^;)
毛色はそれぞれ違うのですが、自分の持ってない優れた部分を発見するだけで
ワクワクして「この技術、能力が欲しい!」と無性に思ってしまいます。

ごめんなさい、せっかく意見くださったのに
否定するようなコメントで・・・
とりあえず自分は「全面的」に行きます^^;

No title

いえいえ、写真には答えが無いですから
人それぞれで良いと思います。
sinさんのように、貪欲に追求していくのも必要な事だと思います。
そこから自分の答えに近づけるかもしれませんから^^

こんな写真談議好きです(笑)

No title

あ・・・は、、、
ごめんなさいウルトラ長文かましちゃって^^;

しかし・・・「自分の答えに近づけるかも」とは
さすがゆるポタさんは核心に気づいてますね・・・(汗^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。